上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
先週インドに戻ってきた。一ヶ月ぶりのハイデラバードは特に変わっておらず、ハイデラバード空港から外に出て、客待ちをしているタクシードライバーからのたくさんの熱い視線を感じて初めて、あぁ、戻ってきたんだなぁーと実感した。

7月5日に関空に着き、その次の週末に前回の日記で書いた、太陽電池を提供してくれる可能性のあった埼玉のNGOの人に話をしに行った。MVF(僕が今働いているNGO)についてや、プロジェクトについての概要は事前に送っていたので、この場では具体的に、提供してもらえた太陽電池をどのように使いたいのか、という点を中心に話した。ここでも簡単にまとめると、今回MVFは提供してもらえた太陽電池をすぐには使用せず、現在、ハイデラバード近郊の18の村でプロジェクトのために使用している太陽電池が、破損などで使用不能になってしまった際のスペアとしてとっておく。というのも、前回の日記に詳しく書いたが、村の人達はローンを組んで太陽電池など、収入向上を目的としたこのプロジェクトのための必要機材を購入している。もしもその機材がローンの返済途中で壊れて使用不能になってしまうと、未払いのローンだけが残ってしまう。もしも壊れた機材を買いなおすという際にはまたローンを組むことになる。こうなると収入向上どころではなく、ローン地獄に陥りかねない。幸い、このプロジェクトを開始して10年、未だこの様な事態は起こっていないが、いつ起こってもおかしくはない。実際、フィールドリサーチをしていて、機材のメンテナンスに対する意識は村によってかなりの差がることを強く感じた。上に書いたローン地獄の様な最悪の事態を防ぐ一つの布石として、MVFは太陽電池をスペアとして確保しておいて、もしも今後、どこかの村で太陽電池が破損してしまった場合には無償でその太陽電池を提供する、という流れを作りたい。ただ、実際に使われるのは、おそらく自分が日本に帰国した後になるので、使用した際の報告はインド人のスタッフがすることになるが、それでも大丈夫か?という点などを確認し、無事に太陽電池を提供してもらえることが決まった。また、非常に幸運なことに、MVFが今回提供してもらったスペアとしての太陽電池を使用した後に、そのNGOからMVFに継続的にスペアの太陽電池を送ってもらえる可能性があり、現在もその方向で交渉している。

「交渉」といっても今の僕には特にそういうノウハウもないし、経験も無い。とりあえずは、びびらず、嘘をつかず、誠意を持って話す事だけを忘れずにいようと思っていた。おそらく、かなりたどたどしかったはずの僕の説明を聞いて、快く太陽電池の提供を決めてくれたNGOの代表の方にはいくら感謝してもしきれない。今思い出したが、実家の本棚に父親が買った「ヤクザに学ぶ交渉術」という本があった。今度実家に帰ったら参考までに読んでみようと思う 笑。

そして先週、その太陽電池をトランクに入れてインドに持ち帰ってきた。もしかしたら関税がかかってしまうかもな、と思い密かに袖の下をポケットに用意していたが、そんなものも必要なくあっけなく入国できた。
そして先週の火曜日、太陽電池をMVFに引渡した。おそらく今週、最後の報告レポートを提出し僕の研修は終わる。今考えるとあっという間の4ヶ月だった。ゼロから人間関係を作りながら、自分ができる限りのことを、ここでできた様に今は思える。ある程度の満足感はある。ただ、もっと違うやり方などもあったのかもな、とも思う。答えは出ない。
二回生が終わった春休みにインドを旅行しながら、ここで働いてみたいなぁ、と感じて1年半後、自分はどう変わったのだろうか。この研修で何を得たのだろうか。この様に振り返って感じることは意味の後付けでしかないのかもしれないけど。ただ、自分が置かれている状況に感謝し、関わってくれる周りの人に感謝し、卑屈になるのではなく謙虚な姿勢を忘れずに、常に向上心と野心を持って生きていきたいと思える。

来週の月曜から三週間ほど、インドを旅行して帰ります。あまり気を抜かずに行ってきます!ではでは!

-----------------------------------------------------------------

戦力外の僕を雇ってくれたMVFのスタッフと村の皆さん、太陽電池を提供して頂いたNGO団体ソーラーネットの皆さん、ハイデラバードの研修生の皆さん、大阪市大アイセックのヒデと京大アイセックの植田君とタツヤ、ハイデラバード日本人会の皆さん、いつも応援してくれたサークルの友達と先輩、いつも良い刺激をくれる大学の友達と高校の友達、いつもぼったっくってくれたオートドライバーの皆さん…、いつも励ましてくれるウルフルズ、いつも支えてもらっている彼女、この様なチャンスをくれた両親と家族、じいちゃんとばあちゃん、僕に関わってくれる皆さん、大きな病気や怪我もなく不摂生な生活に耐えてくれた自分の体、酸いも甘いも様々な事を感じさせてくれる「インド」という国、本当にありがとうございました!!


DSCF2734.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 2007.08.12(Sun)23:14 | 研修 in India | Comment : 02 | Trackback : 00 | 
 | HOME | 
 
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。