上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
久しぶりの更新です、ちょっとさぼってました(笑)というか、ブログを更新するときはいつも久しぶりな様な気がします。元々筆不精な上に最近自分のパソコンの調子が悪く、ほとんど使える状態ではなかったんです…。
さてさて、
実は来週から3週間ほど日本に帰国することにしました(笑)

4月から今までの事を振り返りながら、帰国する理由を書きたいと思います。

気が付けば研修は残り一ヶ月ほど。
僕は今、僕が所属しているMVFという名前のNGOが行っている、農村部に太陽発電を導入し、夜間の照明や現金収入を得るためのプロジェクトに関わっている。
少しややこしいけど、どういったものなのか簡単にまとめてみると、夜間に停電が頻繁に起こる、もしくは農業を行っているが収入源がそれだけなので、その年の気候次第で収入状況が大きく変わってしまい生活が安定しない、という様な問題を抱えている村で、MVFはまずその村で有志による女性グループを組織する。そして、彼女たちに今の村の問題点を考えてもらい、その1つの解決策として太陽発電によるプロジェクトを提案する。彼女たちが興味を示し、低金利のローンを組んで村に太陽発電を導入する、という様に女性グループの中で意見が一致した後、MVFはその女性グループと、太陽発電用のパネルや充電式ライト、スパイス製作用の乾燥機などを製造しているメーカーとの間に入り、ローンの保証人になる。これらの装置を村に導入した後は、MVFは女性グループに対しグループ単位での貯蓄の仕方や、装置のメンテナンスの仕方、また自分たちで村の問題点を発見し解決の糸口を見つけられるようにするためのワークショップを随時行っていく。MVFはこの様な太陽発電を用いたプロジェクトをハイデラバード近郊の18の村で行っている。
元々、インドの農村地域の電力、水、道路、灌漑などのインフラに興味があったので、いくつかあるMVFのプロジェクトの中から、迷うことなくこのプロジェクトに関わることに決めた。
僕はまず、オフィスにあったこのプロジェクトに関する資料に目を通すことから始めた。このプロジェクトが始まった4年前からの年間報告書や、会計報告書などなど。(やっぱり自分は数字に弱いことを実感した、日本に帰ったら簿記をやろうと思う)。
それと同時に、誰か他のスタッフが村に行く際にはバイクに乗せてもらい、フィールドリサーチという名目で、できる限りプロジェクトの現場に行った。これが4月の中旬から5月の最初くらいまで。しかし、僕はヒンディー、テルグ語が分からない。従って、村に住む女性にインタビューなどをする際は、英語のできるスタッフに通訳してもらう必要があった。バスに乗って一人で村に行くこともあったが、やはり言葉の壁は高い。その後のフィールドリサーチのために顔を覚えてもらう、という意味では大切なプロセスだとは思いつつも、これは自分がやるべきことなのか?という疑問が常にあった。全ては現地語が分からない、そして開発に対する知識も浅い自分に問題があるのだが。もちろん、現場の村でMVFのプロジェクトを見させてもらえるのは今の自分にとって何よりの勉強だと思っている。村に行く度に、太陽発電のシステムが機能しているのを見る度に、心からわくわくしている。でもそれだけではMVFにとって、もっと言えば村の女性グループにとっても何もプラスにはならない。と、村に行く度に思うようになった。僕は別に、何か論文を書きたくてこの研修に来たのではない。どんな環境に行っても、必要とされる様な仕事ができる人間になるためのステップとしてここに来た。フィールドリサーチをするのなら僕がやらずとも、現地語ができ、女性グループとの長年の信頼関係もあるスタッフによって定期的に行われている。少額でも給料をもらっている以上、もっと自分にしかできない仕事でMVFに貢献したい、と強く思うようになった。これが5月の最初の頃。ちょうどこの頃、5日ほど休みがとれたので、ハイデラバードで出会った友達とインド南西部のゴアという、アラビア海に面した町に行った。ここで、食って、泳いで、寝る、だけという生活をしながらいろいろ考えた末、日本人であり、日本語ができ、英語も仕事に関してならなんとかできる、という事を使って仕事をしよう、という結論に至った。具体的には、自分が窓口になって、日本でソーラーパネルを製造しているメーカーにメールや電話でコンタクトをとり、CSR(企業の行う社会貢献)の一環で、MVFにソーラーパネルを無料、もしくは低価格で提供してもらえないか、という様な交渉をしていくというもの。太陽電池をMVFが無料で手に入れることができれば、その分プロジェクトのための設備費がかなり安くなるので、女性グループが払うローンが減り、今までプロジェクトを行ってきた村よりも、現時点で貧困状況にある村でもプロジェクトを行える可能性が高まる。もちろん、無料で提供してもらうというのは実現可能性としてはかなり低いということも分かっていたが、もともと企業とNGOの距離をもっと近づけることはできないかと考えていたので、ともかくやってみることにした。一週間に二度はプロジェクトをやっている村に行き、プロジェクトについて勉強させてもらいながら、その他の日で他のスタッフがパソコンを使っていない時間と、家に帰った後で近くのネットカフェを使って、コンタクトをとろうと決めた。

当初は三回生の後期にちょっとやっていた就活の知識だけで、CSRに力を入れている大手の電機メーカーや、重工メーカーばかりを狙っていたが、やはり結果はでなかった。断りのメールを返してくれるならまだ良い方で、ほとんどがメールは返してくれず電話もとりついでもらえなかった。大手ばかりでは駄目だと思い、リクナビを使いながら、太陽電池の部品を作っている中小企業や研究している企業にコンタクトをとってみたが、結果は同じだった。これが五月の終わり頃。うーん、どうしようかなと考えていた時に、たまたま、YahooかMSNのホームページでソーラーカーがどうのこうの、というニュースを見つけ、日本中の大学にソーラーカーサークルがあることを思い出した。早速インターネットで調べてみると、予想通り全国に、しかも大学だけでなく社会人のチームもありこれはもしかしたら…という期待を持ちつつコンタクトをとってみた。しかし、約60団体にメールを送ったものの返信はなかなか無く、断りのメールを送ってくれた団体の方によると、レース用の太陽電池は軽量化のために自家発電用の電池の用に表面を補強加工しておらず、外に置いたままにしておくとすぐに使用不可になってしまうらしく、たとえ譲ったとしてもあまり意味がないそうだ。あの時の自分にとっては驚愕の事実。すぐに普段MVFが太陽電池を購入している企業に確認すると、やはりそうだという。補強加工をその企業でできないこともないが、新しい太陽電池を購入するくらいの費用がかかってしまうらしく、それでは本末転倒だ。じゃあ今度は、太陽電池を研究している大学の研究室だ!と思い全国の研究機関にコンタクトをとってみたが、これまたなかなかいい返答はもらえず。そうこうしているともう6月も半ばに入ろうとしていた。この辺りが潮時か、でもこのままだと7月にやるべき仕事もなく、他のスタッフからItaruはインターネットばっかりしている、と言われっぱなしなのも悔しい。うーんどうしようかなと思いながら、ぼんやりとインターネットに「太陽電池 提供」と打ち込んで検索していたところ、偶然ある日本のNGOを見つけた。このNGOは企業や研究機関から不要になった太陽電池を譲ってもらい、それを海外で活動するNGOに提供する、という活動を行っている団体で、しかもこの団体のスタッフ自身でも太陽電池を作っているという。瞬間的に、おもしろそう!と思った。そして、もし提供してもらえなくても同じ様に太陽電池を扱っているNGOということで、何か教えてもらえればいいな、と思いながらメールを送ってみた。二日後、返信があった。そこには、今までインドのNGOには太陽電池を提供したことはないが、協力させて欲しい、太陽電池を自分たちで製作するノウハウも提供できる、とにかく直接あって話がしたい、ということが書かれていた。企業や研究室合わせて約100の団体とコンタクトをとってきて、初めてこの様な内容の返信をもらったので最初は目を疑ったが、嘘ではない。これが先週の金曜日。
そして今週の月曜日、僕のプロジェクトのボスから日本に一時帰国する許可をもらった。ただし、MVFから航空券代を出す余裕などはないので、8月に支払われる予定だった5ヶ月分の給料と、あとは自腹。おそらく人によっては、提供してもらえるかどうか定かじゃないのに、何でそこまでして帰るんか?と思うだろうし、それが普通の反応だと思う(現に他の研修生からはアンビリーバボー、と言われた)。もしくはその航空券代でMVFのために太陽電池を買えばいい、とも思う人もいるかもしれない。でも誤解を恐れずに書くと、僕は自分のお金を出して太陽電池は買いたくない。そこからは僕は何も学べないと思う。何より、色々な経験がしたい。色々な人と会いたい。色々な事を感じてみたい。その延長線上にMVFへの貢献を目指したい。日本に帰国するための費用は、戦力外の僕を雇って、色々な事を学ばせてくれているMVFへの授業料だと思える。そしてそれはこれからの自分への自己投資だろう。
先にも書いたが、太陽電池を提供してもらえるかはまだ100%ではない。だからこそ、インドでできるだけの準備をして万全の体制で交渉に臨みたいと思っている。このような機会も初めてなので、本当に楽しみだ。

やっぱり約2ヶ月分のことを書くと長くなってしまった。ここまで読んでくれた方はありがとうございます!笑 そういう訳で来週日本に帰ります。決して、ホームシックとかインドが嫌になったわけではないんで!(笑) 来週の木曜日の夜に関空に着く予定です! 
スポンサーサイト

この記事のURL | 2007.06.27(Wed)15:22 | 研修 in India | Comment : 013 | Trackback : 00 | 
日本帰ってくるんや!!いやーいたるがんばってるね!!おれもがんばらな!!

しかし、太陽光発電とか面白そうやね!おれも働きだしたら自然エネルギーに関する仕事したいな☆

まあ、日本に帰っても忙しいとは思うけど、時間取れそうやったら飲みにいこうや☆

リオ #- | URL | 2007.06.27(Wed)16:35 [ 編集 ]
いたるー元気??

ちょうど今なにしてるんやろ?って話をしてたとこやよ!

その決断、なんかすごいな、うまく行く事を祈ってます。

ひろき #- | URL | 2007.06.27(Wed)18:20 [ 編集 ]
うーん、すごいね!それをやり遂げられたら、すごい自信になると思う!!おれは全然アンビリバボーやとは思わんよ!!
おれでもたぶんそうすると思う!!
おれ最近インドの自然エネルギー政策のことをいろいろ調べててさ、おれのゼミの先生の奥さんがインドの研究やってて、インドやっぱすごいおもろいわ!帰ってきて時間あったらいろいろと話したいな。
とにかくうまくいくように祈ってるわ!!

HAMA #- | URL | 2007.06.27(Wed)21:38 [ 編集 ]
いたる、久しぶり◎
この3ヶ月の間、いろんなこと考えてたんだね。
いたるのめげずに頑張ってる姿に刺激された!!
時間あったら話そうね♪

てい #- | URL | 2007.06.27(Wed)23:13 [ 編集 ]
日記に見入った!
1万回だめでへとへとになっても1万1回目は何か変わるかもしれない~♪(byドリカム)の歌みたいだね。
心より活躍と健勝を祈っているよ!!!
気をつけて帰っておいでね。

かほり #- | URL | 2007.06.27(Wed)23:48 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # |  | 2007.06.28(Thu)01:57 [ 編集 ]
俺やったらインターンの仕事だけで終わってしまうかもしれない。。。
そんな自分が恥ずかしいわ~
やけど、可能性は無限大やし、諦めたらそこで試合終了やからな☆

体にはくれぐれも気をつけて!!
時間があったら上七軒の交差点で会いましょう!!

あおじゅん #- | URL | 2007.06.28(Thu)17:53 [ 編集 ]
ついにー
この前からまた一歩進んでますやん!ほほー。勇ましくていいやない!!3週間て意外と長いねー。

そーやてかほりん。一万回だめで~、、♪
私も勇気もらいました◎

会うん楽しみにしちょるきに!


いのっくす #- | URL | 2007.06.28(Thu)18:45 [ 編集 ]
いたぶー素敵やん!!

すごい充実してるっぽいね♪いい刺激を受けました!

日本帰ってきたらまた千本通りで会いましょ☆

いたぶーが感じて考えたインドの話もっと聞きたい!!

気ぃつけて帰ってきてね♪
あなたの元気な顔待ってます(*^^)v

おか #- | URL | 2007.06.29(Fri)01:36 [ 編集 ]
to SG松尾
インドで何をしているのかと思っとったけどSGをしとるわけじゃないんじゃね・笑!
頑張っとるじゃん☆毎日精力的に動きよるいたるの姿が目に浮かびます。3週間ていう短い期間じゃけどこっちでも頑張れ!!
末筆ですが俺もインターン決定したよ。
1ヶ月半、自分に何ができるかは分からんけど、しっかり準備して
臨みたいと思ってますわ!!

うま #- | URL | 2007.06.29(Fri)16:02 [ 編集 ]
りお→コメントありがと!りおの話聞けるの楽しみにしとるよ!かばちゃん誘って、いつものやつ買って飲もうや(笑)

はま→4月4日関空以来の再会やね(笑)俺の方こそインドの自然エネルギーについて教えてもらえたらありがたい!

ていちゃん→ひっさしぶり!フィリピンに行っとったらしいね◎その話も聞かせて!きっと時間あるけん◎

かほりん→ドリカムのその曲、実はかなり聞いとった!笑 恒心前のベンチであいましょ!!

青じゅん→交差点といわず、家で会おうや 笑。馬さんとかとウイレしよ 笑。ほんじゃ学校で!

いの→竜馬ネタちょっと使っとるやん!部屋の開国、いよいよやね!笑

岡→俺ら、千本周辺で会ったことまだ一回もないよな??笑 じゃあ、QQ辺りでまっとくわ!いやいや、金曜日は学校行くんで◎

馬さん→いや、ハイデラバード教室は今日も異常なしよ 笑。SALTのインターン?そっか、楽しみよね!時間なくても馬さんち行くんで 笑。前以上に絡みがしんどくなっとったらごめん!!

 #- | URL | 2007.06.30(Sat)14:58 [ 編集 ]
ひろき→コメントありがとね!!金曜日は学校行くんで☆今年の夏のファッションの動向について教えて 笑。時間あったらチファジャ行こう!チファジャ!

いたる #- | URL | 2007.06.30(Sat)15:22 [ 編集 ]
はじめまして。
インドOBトレーニーのよしです。

僕も何か成果をだそうと必死にもがいていたことを
思い出します。

何か、協力できることはないか、と思いましたが、
直接的なことは何もできそうにありません。

ただ、インドでそのような活動が行われているという
事実を周りに伝えていけたらと思います。



 #- | URL | 2007.07.25(Wed)01:53 [ 編集 ]


帰印。 << | HOME |  >> 4月20日
 
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。